会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座
文書作成日:2016/11/10



 今年の年末調整の注意点を教えてください。


出演:  ・・・M社 経理部   ・・・顧問税理士



― M社 会議室にて ―

M社経理部まいと顧問税理士が、打ち合わせを行っています。




 今年も年末調整の時期がやってきましたね。




 あー。
 またきましたね。
 こなくてもいいのにな。




 まあ、そう言わないでください。
 今年はマイナンバーがありますし。




 もう言わないでください、“マイナンバー”。
 その言葉を聞くだけで寒気がします。




 まあ、そう言わずとも。
 今年の年末調整の注意点は、マイナンバー、通勤手当、国外居住親族、復興特別所得税、の4つです。




 言葉で言えば、簡単ですけどね。




 まあ、そう拗ねなくとも。
 結局年末調整でのマイナンバーは、マル扶(扶養控除等申告書)の取扱いだけですから。




 弊社は、従業員のマイナンバーは専用システムに登録してもらっていますが。
 マル扶にも書いてもらうんですか?




 原則、平成28年1月1日以後提出分のマル扶にはマイナンバーを記載してもらいますが、従業員の方々との合意を前提として、マル扶の余白に、既に提出済みのマイナンバーと相違ない旨の記載をマル扶提出者にしていただき、御社側ではマイナンバーの確認したことを表示しておけば、マイナンバーの記載は不要になりますよ。御社の専用システムは、マル扶と紐付けられるようになっていますからね。




 ああ、どちらにしろ、また手間が増えるんですね。




 まあ、そう頭を抱えなくとも。
 マル扶への記載は不要にする方向で、部長から話を伺ってますよ。




 そうですか。
 あとの3つは、何でしたか?




 通勤手当、国外居住親族、復興特別所得税、ですよ。
 通勤手当は、最高限度が月額10万円から15万円へと引上げられた改正に伴う1月〜3月支給分の精算ですね。
 国外居住親族は、海外に住んでる扶養親族等に対する送金関係書類の提出と確認ですね。もちろん、親族関係書類の確認が済んでいなければ、こちらも確認いただく必要はありますが。
 復興特別所得税は、言わずもがなですね。




 通勤手当も国外居住親族も、該当者はいなかったと思いますし。
 復興特別所得税は、システムが自動計算…、というか年末調整の計算は先生がやってくださいますし。




 そうですね。




 なんだ。
 意外と、大丈夫かも。
 マル扶だけって思えば、何とかなりそうかも。




 元気になってよかったです。




 はい!
 私よりも先生の方が大変だとわかったので。




 (苦笑)


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
道幸公認会計士事務所
〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-6
 心斎橋中央ビル5F
TEL:06-6120-6580
FAX:06-6120-6581
 
 
TKCコンテンツサービス

毎月更新!お役立ちコーナー

補助金・助成金情報